自然派ビュッフェレストラン エズ




四万十町
NPO法人かまん/大石譲さん

生産地:四万十町 生産物:無農薬・無化学肥料栽培野菜


畑にて・大石さん

環境と農業を守る

 6年前、窪川町(現 四万十町)の過疎化による人口の減少を懸念した町内の有志たちが「人口を増やし、地域を活性化させ、環境と農業を守る手段」として、有機農業を軸としたIターン支援の為に組織されたのが「NPO法人かまん」です。 現在は十軒ほどの農家が所属し、地域保全、地方の雇用拡大、農業経営者の育成など、四万十川中流域で農業を志す人たちへ、独立までの支援活動を行っています。(詳しくはかまんさんのホームページを参照。)

 武市さんのハウスより車で十分ほどの場所、「かまん」の理事を務める『大石 穣』さんの畑を訪ねました。

 今年は雨量が少ない影響で土が乾き、野菜全体の生育が2週間ほど遅れているとの事ですが、厳しい寒さの中、大石さんの畑では大根・菜花などが元気に育っていました。

 また、なかなか見られる機会の少ない焼畑後の様子なども見させていただきました。そこにはわずかに採り残した万次郎かぼちゃが炭になって転がっており、自然に生まれた芸術を少し体感したような気がしました。

 かまんさんが作られるお野菜はエズでほぼ1年通して使わせていただいています。皆様もぜひお召し上がりください。

かまんさんの活動、5つを柱

  • 新しく農業を始める人たちを応援します。
  • 農地、住まいの情報を提供します。
  • 環境を守る有機農業を応援します。
  • 地域でとれる農産物を消費者に届けることを応援します。
  • 地域通貨による農の(結い)を提案し、人との交流を応援します。


大石譲さん
「かまん」は地方の雇用拡大と、農業経営者を育成するために設立された、農業を支援する非営利の活動法人です。 四万十川中流域の、地域の保全と農業を愛する有志(医師、議員、有機農家、個人事業主など様々です)が集まって 結成されました。また、メンバーには農業にチャレンジする若者と、彼らを支えていく地域の協力農家も加わっています。

NPO法人かまんホームページ