自然派ビュッフェレストラン エズ




高知市介良
横田きのこ有限会社さん

生産地:高知市介良 生産物:海洋深層水を使用したえのき茸


代表の横田さん

海洋深層水を使っています「極みえのき」

 えのき茸栽培30年以上の実績をもつ横田さんは「海洋深層水」を使用したえのき茸で、高知県の産業振興に貢献した優秀な地場産業を顕彰する「2002年度高知県地場産業賞」を青果物として初めて受賞し、2003年より本格的に海洋深層水を使用したえのき茸栽培を開始しました。

 海洋深層水を利用することでカルシウムが2.6倍、糖分も1.5倍という研究成果も得られ(高知県立森林技術センター分析)、シャキシャキ感と甘味が増し、生食でも美味しく食べられるそうです。海洋深層水関連商品としては現在4品目。その一つ「極み逸品」の栽培方法は、2004年9月に特許を取得しているそうです。
※特許第3595782号

 えのきを栽培している施設の中は、黒潮町でエリンギやシメジを見学した時と同じような環境で、各工程ごとにいくつかの部屋に別けて栽培されていました。一日に約6000本の容器にえのきの菌を仕込み、日を追うごとに各部屋を移動させて行く大変な作業を毎日のように行っているのです。私達が見学に行った時も従業員の方が商品の保護用フィルムカバーを取り付けていました。その数6000本分。それだけでも途方に暮れます。

 きのこに深層水を使う事で他との差別化を計る狙いがあったそうですが「海の物」と「山の物」を出会わせた結果、他のえのきには無い良い物が出来たと横田さん。「海洋深層水を使った野菜は色々あるが、実はえのき茸が一番相性がいいのでは」と、高知パレスホテル総料理長の田中秀典シェフも絶賛。

 横田さんのえのき茸「極みえのき」をぜひ一度お召し上がり下さい。


横田きのこ有限会社さん
海洋深層水を使って育てるえのき茸「極みえのき」についての詳しい情報は、横田きのこさんのホームページをぜひご覧ください。

極みえのき・横田きのこ有限会社